シリンジ法

以下は、アメリカの精子バンクThe Sperm Bank of Californiaによる、自宅でのシリンジを使用した人工授精の方法です。元の説明文は凍結精子を用いた方法ですので、不要な部分を除いて和訳しました。
包装からシリンジを取り出します。シリンジの先端を容器に入れ、精液を吸い上げて下さい(その際、引き具を引きすぎてシリンジ本体から抜けないように注意してください)。シリンジには十分な吸引保持力がありますので、精液を漏らすことなく膣の奥まで挿入することができます。シリンジは洗浄しないで下さい、精子は水に触れただけで死んでしまいます。
腰下に枕を置いた状態で横たわり、リラックスして下さい。注入の後で液体が漏れてきますので、下にタオルを敷くとよいでしょう。膣の奥まで指を挿入して子宮口を見つけてください。鼻の先のように丸く滑らかであると感じる所です。シリンジの全体を挿入し、その先端を子宮口に届けて下さい。指を抜いた後で、精液を注入してください。腰を高くしたまま15〜30分程横たわってください。精液の注入後に、オ−ガズムに達するのも役立ちます(ただし器具を挿入しないこと)。性的興奮を起こすと子宮が持ち上がり、子宮口が精液の溜まった所に下りますし、オ−ガズムの収縮は精子が子宮へ入るのを手助けしてくれるからです。